コンビニの防犯対策には防犯カメラの設置が効果的!

防犯設備士による、防犯カメラ設置に関するお役立ち情報
商業施設豆知識

コンビニの防犯対策には防犯カメラの設置が効果的!

コンビニにはほぼ確実に一つは防犯カメラが設置されていますが、設置の目的は万引き対策だけではありません。

コンビニのほとんどが24時間365日営業しており、日中のみ営業しているお店よりも犯罪が起きやすいという特徴があります。

そのため、コンビニでは万引きだけでなくあらゆる犯罪を防ぐために防犯カメラの設置が必要と言えるのです。

では具体的にどんな防犯対策が必要なのか、対策のうちなぜ防犯カメラの設置が理想的なのかについて見ていきましょう。

コンビニにおいて押さえておくべき防犯対策のポイント

コンビニにおいて押さえておくべき防犯対策のポイントは、以下の3つです。

1.店舗の隅々まで監視できる防犯対策

コンビニのお店自体はそう広くはないのですが、狭い中にいくつも商品棚があるため、レジにいる店員の目が届かない「死角」が多数存在します。

店員から見えない場所があれば、起こるリスクが高まるのはやはり「万引き」です。万引きは慣れている人ほど、ほんの少しの隙をついて物を盗んでいきます。

店員の目の届く範囲であっても、接客中や万引き犯人のほうを向いていない隙に万引きをするため、店員が見ていない間も隅々まで監視できる対策を実施しなければなりません。

万引きは回数が増えるほど、売上にも影響を与えてしまいます。大事な商品を盗まれてしまわないために、店舗の隅から隅まで監視できる防犯対策を行ってください。

2.店員による万引きを防ぐための対策

実は万引きというのは「お客さん」だけがするものではないのです。店員による万引きは、商品だけでなくお店の備品や売上金なども盗む対象となってしまうので防犯対策をとらなければなりません。

店員による万引きを防ぐには、お客さんが歩くスペースだけでなく、レジ内やバックヤードにも対策を実施する必要があります。

身内による万引きは隙が多くなってしまうため、目撃者や証拠となる映像や画像がないと、なかなか現行犯で捕まえるのが難しいものです。そのため、誰も見ていないという状況がないよう、お店の裏側まで防犯対策を行う必要があります。

3.コンビニの駐車場など店外の防犯対策

コンビニのトラブルや犯罪はお店の中やバックヤードだけではなく、駐車場などお店の外でも起こる可能性があります。

たとえば深夜などに若者が駐車場で騒いでいたところ、注意をしたお客さんに若者が逆ギレをしてトラブルに発展するといったケースは決して少なくありません。

このような店外でのトラブルも、監視の目がなければ「やりたい放題」となってしまいますから、店内だけでなく駐車場など店外もきっちりと対策をしておく必要があります。

店外でのトラブルが多発すると、駐車場内にある物や看板を壊される、騒音により苦情が出てお客さんの数が減るなど、犯罪以外にお店に対するデメリットが増えてしまうので注意が必要です。

コンビニの防犯対策として有効なのは「防犯カメラの設置」

コンビニの防犯対策として押さえておくべき点を見ると、いずれも「防犯カメラの設置」が有効であるとわかります。店内の監視を行うには、店員の目が届かない位置にいくつか防犯カメラを設置しましょう。

レジ周辺やバックヤードなど、こっそりと店員が盗みを働きやすい場所にも防犯カメラを設置すれば、店員が1人きりで作業しているときでも監視できます。

駐車場など店員が常時いない場所は警備員を配置するのも方法としてありますが、費用の面を考えると、防犯カメラを購入したほうが安く済むケースがほとんどでしょう。また、防犯カメラを設置しておき、お客さんに「お店の人に見られている」と思わせることでトラブルの抑制にもなります。

防犯カメラは設置しておくだけで犯罪やトラブルなどの抑制につながり、万が一問題が起きたときの証拠にもなるのがメリットです。費用はカメラ代と電気代がかかりますが、スタッフを増やすよりもコストが低減できるのも良いところではないでしょうか。

防犯対策としてコンビニのどこへカメラを設置すればよいか?

では続いて、防犯対策としてコンビニのどこにカメラを設置すればよいのか、具体的に説明していきましょう。

まずは店内です。店内は角の4箇所や通路の端に設置すると死角が少なくなります。トイレの中はプライバシー的にNGですが、手洗い場が別で設置されているならそこにも設置しておくと万引きしたものをトイレに持ち込む瞬間を撮影できるかもしれません。

次にレジとバックヤードです。レジは両側に、バックヤードはドリンク類を補充する場所や倉庫、スタッフの控え室などに設置するのがおすすめ。そのほかにも死角になりそうな場所があれば設置しておくと、店員による万引きなどの犯罪を防げます。

最後に店外です。まずはコンビニの入り口から外に向けて1台と、あとは駐車場にも2〜3台設置しておくと良いでしょう。全てのカメラ動画を確認し、映っていない部分がなければ防犯対策は万全と言っても過言ではありません。

まとめ

コンビニは24時間365日営業で1日中人が出入りしているため、その分犯罪が起きやすいのが特徴です。防犯カメラはいざというときの証拠となるだけではなく、設置しているだけで犯罪の抑止につながります。

犯罪やトラブルを防ぐために人員を配置するよりも低いコストで済みますから、店員・お客さんともに安心できるようぜひ導入を考えてみてください。

年間1,825件以上の設置実績。
当社の資格を持つ防犯設備士に
どんな事でもお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください!

フリーダイアル 0120-616-700 受付 9:00〜19:00(年中無休)

お問合せ

無料見積

LINE見積

信頼の実績

街頭防犯
総額の83%に相当する
約240万円を
補助金から調達
船の科学館
船の科学館「宗谷」への
防犯カメラ11台更新
横田基地
超高画質
ネットワークカメラ
96台を導入

2020年実績数

2020年12月更新
1825

累計(平成30年4月より)

4,009
実績一覧へ

おすすめプラン

他のプランも見る
ページ上部へ戻る

株式会社フォーエステックはプライバシーマーク付与事業者です [ 21004520 ]

各種ファイルのダウンロードはこちら