開業や店舗展開の際に知っておきたい飲食店の防犯カメラを設置する場所とは

飲食店の防犯カメラを設置する場所

飲食店の開業や店舗展開にあたって、防犯カメラの設置を検討されている方は多いのではないでしょうか。売上金を狙った盗難事件や食物への異物混入など、飲食店で起こりうる事件やトラブルはさまざまです。防犯カメラはこうした被害を未然に防ぎ、また万が一のときには解決の助けにもなります。
しかし、考えなしに防犯カメラを設置してしまうと、充分な効果が発揮できなかったり、お客さまに不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。
そこで今回は、防犯カメラの設置にあたっての注意点と効果的な設置場所をご紹介します。

防犯カメラを設置する際の注意点

飲食店の店舗に防犯カメラを設置するにあたっては、お客さまや従業員のプライバシーへの配慮が必要です。プライベートで食事を楽しみに来たのに、ずっと監視されている状態では落ち着かないですし、本人に分からないように撮影するのは盗撮にあたります。そのため、必ず防犯カメラが作動中であることを明示し、なおかつ台数は最小限にとどめておくべきでしょう。
また、設置する場所によってカメラの種類を変えるのも効果的です。店内のお客さまが利用するスペースには目立たない外観のドーム型カメラ、通用口など部外者の侵入を防ぐ目的で設置する場合は威圧感のあるボックス型などを使い分けると良いでしょう。

防犯カメラの効果的な設置場所

レジ回り

レジ回り

レジは金銭のやり取りが発生する場所であり、また現金が保管されている場所でもあるため、飲食店において特にトラブルが発生しやすい場所です。お会計の際には金額の間違いやお釣りの渡し間違いなどでトラブルになることがありますが、ときにはお客さまが勘違いしている場合もあります。また、1度お会計を済ませたお客さまから後日問い合わせがあっても、なかなか当時の状況を思い出せないことも多いと思います。
そんなときに防犯カメラの映像が残っていれば、事実を確認して適切な対応を取ることが可能です。
また、従業員による売上金横領のような不正行為を防ぐのにも、レジへの防犯カメラの設置は効果的です。

 

ホールスペース

ホールが広かったり複数階にまたがっていたりすると、混雑時にはなかなか全体に目が行き届かないこともあります。カメラ越しにホールの様子を確認することができれば、適切なタイミングで料理やデザートを提供する、座席状況を確認しておくことで案内をスムーズに行うなど、サービスの改善につなげることができるでしょう。

キッチンスペース

飲食店にとってお客さまに出す料理は何よりも大事です。調理方法に問題点はないか、スタッフが不正や危険行為をしていないか、監視だけでなく予防の意味でも厨房に防犯カメラを設置しておくと効果的です。また、調理の様子を普段とは違った角度から客観的に見ることで、これまで気づいていなかった改善点を発見できるかもしれません。

バイキングやビュッフェのスペース

バイキングやビュッフェのスペース

バイキングやビュッフェ形式の飲食店では、その気になれば誰でも料理に異物や毒物を混入することができてしまいます。こうした混入事件が起きると店の評判が大きく傷つけられ、大きな損害をこうむる可能性があるため、予防のために防犯カメラを設置しておくと良いでしょう。また、監視の目があることをアピールすることで、お客さまに安心感を与える効果も期待できます。

 

事務所や休憩スペース、倉庫などのバックヤード

飲食店では、忙しい時間帯だとバックヤードに誰もいないことがあるでしょう。そのときを狙って部外者が侵入し、ロッカーから従業員の貴重品を盗んだり、事務所を荒らしたりする事件が発生することがあります。そのようなトラブルを起こさないため、バックヤードに防犯カメラを設置しておくことは、重要な防犯対策となります。

駐車場スペース

駐車場も目が届きにくい場所の1つです。防犯カメラを設置することで、車上荒らしや車へのイタズラを防止し、客の出入り状況を確認することもできます。

おわりに

飲食店における防犯カメラの導入は、防犯目的のみならず、店舗運営の改善点を考えるうえでも効果的です。
大切な店舗を犯罪やトラブルから守り、またより良いサービスを提供するために、設置する場所をよく検討して防犯カメラを活用しましょう。