工場の生産管理システムを支える、工場経営に最適な監視カメラの選び方

工場経営に最適な監視カメラ
工場の生産管理システムを最大限活かすためには、監視カメラの導入が効果的です。監視カメラには、工場の生産を管理し生産性を向上させるだけでなく、安全面や衛生面でもメリットがあります。しかし、ただ工場に監視カメラを設置すれば良いというわけではありません。工場のシステムを効率よく回していくためには、工場に合わせた監視カメラ選びが重要です。
そこで今回は、工場の経営に最適な監視カメラの選び方をご紹介します。

工場に合わせた監視カメラの選び方

監視カメラは高性能化しており、目的に合わせて選ぶ必要があります。工場の規模や設置の目的に合わせて、最適な監視カメラを選びましょう。

監視カメラの機能

監視カメラの機能

監視カメラの機能は、リアルタイムの監視や録画機能だけではありません。職員や業者の入退室管理機能によって侵入者をブロックし、セキュリティ保護にも役立ちます。さらに、映像を拡大して細部まで確認できる機能を持つ監視カメラを設置すれば、侵入者や異物混入が発生した場合にも、原因の追求がしやすくなります。

 

不良品を自動識別できる機種を設置すれば、賞味期限の印字や梱包がしっかりされているか、ネジなどの異物は混入していないかといったチェックも監視カメラで確認することが可能です。人力では難しかった物量・クオリティのチェックも実現可能になります。

 

広い工場では、360度の範囲をカバーできる旋回型ズームカメラを設置することで、広範囲まで見渡すことが可能です。トラブル発生箇所を自動で認識・撮影するため、チェック作業が容易になり、トラブルへの対応も迅速に行うことができるようになります。

 

監視カメラの設置場所

監視カメラの設置場所

監視カメラの設置数や使用目的によって設置場所を考えましょう。トラブルの発生を効率よく監視したいのであれば、生産ラインの各所へ設置しましょう。トラブル発生現場を撮影・録画しているため繰り返し確認することができ、原因を特定するのに役立ちます。そこから、今後の課題や改善策の検討にもつながるでしょう。

 

手作業の多い製造ラインであれば、作業をしている手元が映るアングルに設置することで、従業員がどのような動きで作業をしているかを把握でき、作業の効率化を検討することができます。例えば、梱包を手作業で行っている現場は、監視カメラの映像を参考にして梱包材と製品が手元へ流れてくるタイミングや位置を適切に調節できれば、作業効率を高めることができます。

 

生産現場の可視化・映像化によるメリット

監視カメラの導入により、工場設備や生産品の盗難、異物混入といった犯罪や事故を防ぐことができます。
視界の範囲では確認できないアングルからのチェックも可能となり、製造ラインが正常に動作しているかチェックがしやすくなることで、見落としを防ぎながらチェック効率を向上させることができます。また、監視カメラを導入することで、チェックしたかった箇所が点在している場合でも、モニタールームに集約して1度にチェックすることが可能になります。

 

さらに、監視カメラの映像は録画をして何度もチェックが可能なため、職員への指導教育に利用したり、トラブル発生時の原因追及をしたりする際にも役立ちます。また、製造工程を見直す際にも活用できます。監視カメラの導入により、無駄のない製造ライン作りにつながるのです。

おわりに

リスク管理のしっかりした工場は、製品にも安心感を与えます。製造ラインの監視カメラを利用した業務効率化は、利益を高めるだけではありません。監視カメラで製造工程を監視してトラブルを迅速に解決したり、不良品を判別させたり、あるいはカメラ映像を参考に作業工程を見直して業務をしやすくしたりすることで、ミスを防ぐことができます。

監視カメラを活用して工場を管理し、製品の質を高めて、製品の信頼性向上へとつなげましょう。