窃盗や盗難、落書き防止効果も!商店街に設置すべき防犯カメラの選び方

商店街に設置すべき防犯カメラ

昼間は多くの買い物客で賑わい、夜は人通りが少なくなってしまう商店街は、ひったくり・万引き・空き巣・放火・店舗へのイタズラなど、さまざまな犯罪が発生しやすい場所です。

このような商店街の犯罪防止に役立つものが防犯カメラです。

防犯カメラを効果的に設置して、多くの人が安心できるように商店街の治安を守りましょう。

 

防犯カメラの効果

防犯カメラには、「見られている」ことを犯人に意識させることで、犯罪を抑止する効果があります。万一犯罪が発生してしまったとしても、防犯カメラの映像があれば証拠にもなるため、のちのち解決の糸口になるでしょう。

また、防犯カメラは犯人に対する抑止力だけではなく、利用客に対して安心して買い物ができる商店街というイメージを与えることもできます。

しかしその反面、店舗内の買い物客や通行人なども毎日撮影することになるため、プライバシーへの配慮が求められます。防犯のために店内を撮影していることを必ず明示し、犯罪の防止以外のいかなる目的でもデータを使用しないこと、セキュリティに配慮した運用を行うことを取り決め、管理していく必要があります。

盗難防止の防犯カメラ

盗難防止の防犯カメラ日中、商店街の店舗内でもっとも多く発生する犯罪が、窃盗です。店舗の外では、スリや置き引き、ひったくりなどが多く発生しやすく、いずれも「犯罪に気が付かれても、人ごみに隠れて逃亡しやすい」「人の死角になる場所を狙っている犯罪」といえます。

このような盗難防止に有効な防犯カメラは、以下のようなタイプです。

 

・犯人の顔や服装を正確に捕えるため、なるべく画素数が多い防犯カメラ

・店舗の死角や通路などのうす暗い照明下でも、明るく鮮明に撮影できる防犯カメラ

・店舗内では、買い物客に威圧感を与えないドーム型やマジックミラータイプの防犯カメラ

 

 

店舗や業種によっては、レジ付近などのなるべく目立つ場所にモニターを置き、盗難を防止していることをアピールすることも効果的です。目的に応じて、さまざまな種類の防犯カメラを組み合わせて設置すると良いでしょう。

また、商店街全体で死角が発生しないよう、複数台の防犯カメラを適切に配置し、すべての場所の映像が録画できるようにしておくことが重要です。

 

落書きや空き巣防止の防犯カメラ

落書き防止の防犯カメラ夜間の商店街で起こる犯罪としては、シャッターへの落書き、空き巣、放火などが挙げられます。このような犯罪に有効な防犯カメラは、以下のようなタイプです。

 

・店舗の窓や出入り口など侵入経路に設置しやすい防犯カメラ

・夜間でも録画できる赤外線照明内蔵の防犯カメラ

・屋外に設置する場合、雨風を防ぐ箱型の防犯カメラ

 

特に、何度も繰り返し被害に遭っている場合は、赤外線や人感センサーなどと連動し、検知したらブザーが鳴り録画を始めるものや、ネットワーク経由で異常を通知してくれるものが適しています。

また、防犯カメラを選ぶときは価格やタイプだけではなく、運用のコストやネットワークにトラブルが発生した場合の対応方法なども確認しておきましょう。

 

おわりに

商店街の中では、それぞれの店舗の判断で店内に防犯カメラを設置していることも多いと思います。しかし、ある店舗で防犯カメラを設置しても、防犯カメラのない他店舗での窃盗が増えてしまったという例もあります。また、店舗内の防犯カメラだけでは逃走経路などを撮影することができず、犯人を逃がしてしまうことがあるかもしれません。

そのため、商店街全体で防犯カメラの導入を進め、すべての店舗が協力して防犯に取り組む姿勢が重要だといえます。また、商店街による防犯カメラ設置事業には自治体からの補助金が受けられることもあるため、導入を検討中の場合は各自治体の窓口で確認してみてください。