動画も静止画も撮影可能 Wearable Camera

キーワード

デジカメ

カメラには様々な種類があります。また、技術の進歩や利用方法の拡大などに合わせて様々な形態が求められるようになってきました。ドローンや携帯に内臓されているカメラ、腕時計のように装着することのできるカメラなどです。そこで今回は、手でずっと持っていなくても、三脚などで固定していなくても撮影することのできるWearable Cameraについてご紹介致します。

 

 

Wearable Cameraとは

 

Wearable Cameraとは、何かに装着させて撮影することのできるカメラのことです。例えば、帽子や頭にバンドなどでカメラを装着し撮影したり、小型のトランシーバーのような形をしていて身体に装着し撮影したりできます。とてもダイナミックな映像が撮影できますし、自分の目線と同じ景色を撮影することもできますので、録画した映像はその時に見ている景色を綺麗に再現することができます。

 

 

どのようなシーンで活躍する?

 

スノーボード

Wearable Cameraはボタン一つ押すだけで撮影録画が可能というような操作が簡単なものが多いです。例えば、工事する時に作業服に装着すると工事をしながら作業の様子を撮影することができます。新人育成や細かい部分の確認の為に記録を残したり、その映像の活用方法はたくさんあります。他には旅行の時にずっと撮影をしていれば思い出がリアルな映像で残せます。動画も静止画も撮影可能ですのでシーンに合わせて使い分けられますね。防水タイプのWearable Cameraもあります。スキューバーダイビングをやられる方は、水中で手が空いた状態で撮影が可能ですので綺麗な海の中の景色を残すことができます。それから、スキーやスノーボードをしながら撮影すると、躍動感にあふれた映像を撮影することができます。このようにいろいろな使い方ができます。

 

 

機能について

 

wifi

弊社でお取り扱い可能なWearable Cameraは、クラウドに接続することで、遠隔地から現場カメラの映像を確認しながら作業支援を行うことができるような機能があります。リアルタイムでクラウドに送信することが可能です。また、簡易IPカメラのように使用も可能です。無線ネットワーク内での映像配信、コントロール室からの映像確認、カメラをつけた人と同時にモニターでダブルチェックを行うことが可能です。それから、パソコンと接続してウェブカメラとして機能させることもできます。会議での使用も便利ですね。

 

 

 

 

おわりに

 

今回は、Wearable Cameraについてご紹介させていただきました。Wearable Cameraはどこにでも気軽に装着できて何かをしながら撮影することのできるとても便利なカメラです。映像技術の進化により、カメラで撮影した映像を加工したり360°どこでも見られるようにしたりすることができます。つまり、撮影した映像の使い道や楽しむ方法が多くあるので、気軽に動画や静止画の撮影を楽しむ人々が増えています。そして、便利な機能もたくさんついています。防水、低照度、赤外線、Bluetoothとの接続ができたり、Wifiに接続可能でIPカメラやクラウドに送信ができたりもします。多くのシーンで活躍するWearable Camera、弊社でもお取り扱い可能ですので気になる方はお問合せ下さい。

 

キーワード