音声機能付き防犯カメラをご紹介します!

キーワード

秋v2

こんにちは。秋は行楽シーズンですね。お出かけが多くなるということは家を留守にする事が増えるということです。それから、過ごしやすくなり窓を開けたまま寝たり、留守にしてしまうという事も増えるので、じつは秋は空き巣が増える時期でもあります。そんな時に活躍するのは、防犯カメラです。最近では、防犯カメラにもさまざまな機能を持ったカメラが登場しています。防犯カメラを設置していると、それだけでも防犯意識の高い家と思われるので空き巣にも狙われにくくなるのです。そこで今回は、さまざまな機能の中でも特に注目されている音声機能の付いた防犯カメラをご紹介します。

 

 

音声機能とは?

 

音声機能付き防犯カメラは、集音マイクが付いていて映像と同時に声や音も撮影することができます。音声対応レコーダーと接続した場合、音も録画することが可能です。双方向全二重で通信できるタイプのカメラは、話すことと聞くことの両方が同時にできますが半二重タイプのカメラは話すときは話す、聞くときは聞くと切り替えなければならないものもあります。用途によってどちらのカメラを選ぶかを使いわけると良いです。

 

 

音声機能付き防犯カメラの需要の高まり

 

マイク

今までの防犯カメラは、「綺麗な画質」であることが求められてきました。ニュースを見ていても、以前までは犯人の写った防犯カメラ映像はいまいち鮮明ではなく参考程度にしかならない場合も多くありましたよね。ところが最近ではかなり鮮明に犯人の顔や姿が写っていて、防犯カメラの映像がきっかけで犯人逮捕につながるケースも増えています。現在では、「綺麗な画質」であることは当たり前になっています。テレビでもフルハイビジョン放送が始まってから現在では4K8Kの時代へと突入しています。防犯カメラの映像も同じく4K8Kの時代へと突入し、4K高画質の防犯カメラは圧縮技術の普及により一般のご家庭でも現実的になってきました。続いて、赤外線で夜間でも高画質で撮影が可能であったり様々な機能のある防犯カメラが登場しています。そしてリアルタイムで音声機能を利用できる防犯カメラにも需要が高まっています。それは、防犯カメラの利用方法が防犯の為だけでなくなってきたからです。ネットワークの普及により、ネットワークカメラが登場しました。ネットワークに接続できれば、同時に多くの人がその映像を見ることができます。例えば、保育園などでは園内にいるお子様の様子をネットワークカメラのIPアドレスにアクセスすることでいつでも保護者の方がご覧になれるサービスを提供していたりします。店舗にネットワークカメラが設置されている場合、店舗運営に必要な多くのマーケティング情報を得ることができます。このように様々な利用方法がなされるようになり、リアルタイムで状況を確認する為に、映像だけでなく音声機能の付いたカメラの需要が高まっているのです。

 

 

音声機能付き防犯カメラの設置事例

 

バイクv2

弊社での設置事例をご紹介させていただきます。ご自宅に音声システム付き防犯カメラを設置して、悪質ないたずらが無くなったというお客様がいらっしゃいます。この方は、バイクや車がお好きで、愛車をとても大切にしていらっしゃいました。ところが、一戸建てのお宅で、駐車スペースが道路に面していた為、その大切にされていたバイクや車がどうしても通行人からも目立ってしまい、ある時から、タイヤをパンクさせられるなどのいたずらに悩まされていたそうです。そこで弊社にご連絡をいただき、音声システム付き防犯カメラと、センサーライトを設置させていただきました。その後、いたずらは無くなったそうです。お客様ご自身も、不審者が現れたら自宅の中に居ながら身の安全を確保し、不審者に注意することができるという安心感をすごく喜ばれていらっしゃいました。このように人がいない場所でも、防犯カメラと音声により威嚇することができますので、とても有効なセキュリティになります。

 

 

おわりに

 

今回は、音声機能付き防犯カメラについてご紹介させていただきました。防犯カメラは、設置する目的や環境によって防犯の為だけでなく様々な利用方法があります。もちろん防犯の為に、いろいろな便利機能を活用することは非常に有効です。防犯カメラを設置したい場合は、機能や活用方法などを知ってから利用するといろいろな場面で有効な利用ができますね。

キーワード