防犯カメラは4K対応している?

キーワード

テレビや動画の画質は、4K画質が当たり前になってきましたね。「画質はより綺麗に鮮明に」が求められていますので、4Kの普及が加速しています。では、防犯カメラにも4K対応機種はあるのでしょうか?そこで今回は、4K防犯カメラについてご紹介します。

 

 

現在最も普及している防犯カメラの画質はフルハイビジョン

 

現在、最も普及している防犯カメラの画質はフルハイビジョンです。フルハイビジョンと言われる解像度とは一般的に約200万画素(1920×1080ピクセル)です。フルハイビジョンの場合、ワイドにも対応でき画素数が高いのでとても綺麗に撮影ができますし、画像や映像を拡大しても比較的綺麗な状態で画像や映像を確認することができます。

 

 

4Kの画質

 

4K解像度とは、約4,000×2,000前後の画面解像度に対応した映像に対する総称です。カメラや映画などで使用されているのは、DCI 4Kと呼ばれ主に4096×2160ピクセル、テレビ放送、テレビ受像機、ディスプレイなどに使用されているのは4K UHDTVと呼ばれ3840×2160ピクセルです。画素数にするとおおよそ800万画素となります。フルハイビジョンと4Kを比較すると約4倍程度の画質の差があります。

 

 

防犯カメラに4K対応機種はあります!

 

現在の防犯カメラの主流であるフルハイビジョンと、4Kは約4倍も画質の差があるとご紹介しましたが、防犯カメラにも4K対応機種はあります。画質が良くなるとそれだけデータ量が大きくなるので、今まではHDDの容量に限界があったり、対応しているレコーダーやモニターが少ないことから、価格も高くて一般的ではありませんでした。ところが、映像圧縮技術が開発され、対応機種が急速に普及しているので4K対応防犯カメラはお求めやすくなってきています。映像圧縮技術であるH.264とは、2003年5月にITU(国際電気通信連合)によって勧告された、動画データの圧縮符号化方式の標準の一つです。ISO(国際標準化機構)によって動画圧縮標準MPEG-4の一部(MPEG-4 Part 10 Advanced Video Coding)としても勧告されています。従来広く用いられてきたMPEG-2に比べ、H.264を用いると同じ画質なら半分程度のデータ量で済むよう改良されています。そしてさらに、H.265も登場しました。H.264 は、MPEG-2の2倍の圧縮率を実現していますし、さらにH.265 は、MPEG-2の4倍の圧縮率を実現しています。つまり、H.265はH.264の半分程度のファイルサイズやビットレートで同等の画質を実現することが可能です。このH.265の登場により、4K対応機種が増えています。

 

 

おわりに

 

今回は、4K防犯カメラについてご紹介させていただきました。実際の防犯カメラの映像を見てみると、フルハイビジョンでも鮮明で十分な画質です。4Kだと、例えばマンションのエントランスの場合、貼ってある張り紙に書いてある内容が読めるくらいの画質です。より細かい部分が鮮明に見えます。防犯カメラを設置する目的や場所によっては、より鮮明に細かい部分まで見える4Kの防犯カメラを設置するほうが適しているかもしれませんね。目的や設置場所の環境によって、選ぶと良いでしょう。

 

キーワード