設置費用やランニングコストはどれくらい?防犯カメラにかかるお金の話

防犯カメラにかかるお金の話

別室にいる家族の見守りから家全体の防犯まで、防犯カメラの設置によって日々の生活に安心がもたらされます。しかし防犯カメラには、購入費用やリース費用の他に電気代などのランニングコストもかかります。防犯カメラの設置を考える際には、このようなコスト面も考慮しておく必要があるでしょう。

そこで今回は、防犯カメラの設置にいくらかかるかなど、導入から維持までの費用面についてご紹介します。

 

防犯カメラのコスト

防犯カメラというと高価なイメージがありますが、安価なものなら5,000円台から購入することができます。ただし、屋外への設置や、夜間の防犯設備として使用する場合は、防水や赤外線照射などの機能も必要になるため、最低でも1万円~3万円はかかるでしょう。

業務用の高価なものでは10万円以上するものもありますが、画質の良さや撮影できる範囲の広さなど、機能によってその価格はさまざまです。

 

 

目的にあわせた監視カメラを選ぼう

防犯カメラを設置する目的によって、必要な機能は変わってきます。子供部屋を見守るためであれば、それほど高画質ではない屋内用監視カメラでも十分かもしれません。しかし空き巣被害の防止のためであれば、屋外設置に耐えうる耐久性や、周囲が暗くても映すことができる監視カメラが必要になってきます。

まずは用途を決めた上で、予算内で購入できる監視カメラを探しましょう。

 

防犯カメラの設置費用

防犯カメラの設置費用防犯カメラの設置費用は、設置費用含めて10万円~(1台)が相場になっていますが、映像確認用のモニターやカメラの台数によっては20万円~50万円ほどの費用がかかることもあります。

防犯カメラ本体と設置費用をセットにして割安で提供している業者や、機種選びに迷っているときにアドバイスしてくれる業者など、複数の業者に見積もりをとり、目的を果たし予算内に収まる業者に依頼しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で設置するのはお得?

防犯カメラは、撮影したい場所を正確に映すことが重要です。自分で設置すれば設置費用はかかりませんが、設置場所やアングルのノウハウがなければせっかくのカメラに死角ができてしまう可能性があります。DIYに自信がない、効果的な配置がよく分からない場合は、専門の業者に任せた方が防犯カメラを効果的に設置できるでしょう。

自分で設置するのであれば、無線接続タイプのカメラを選ぶと比較的設置が簡単に行えます。

防犯カメラのランニングコスト

電気代

防犯カメラのランニングコスト防犯カメラを維持するには、月々の電気料金がかかります。消費電力は一般的な家電製品と大差がなくカメラ自体の電気代が月々約50円、レコーダーが月々約320円と、24時間稼働させても年間約4,400円で収まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハードディスク代

防犯カメラで録画したデータをハードディスクに保存する場合は、ハードディスクを数年に1度交換する必要があり、交換費用は3万5,000円程が相場だといわれています。クラウド上に保存する場合でも、クラウドの保存スペースの契約料がかかることもあります。

 

使用料金

マンションなどに共同で高性能な防犯カメラを設置するときにレンタルやリースを利用する場合、使用料金やメンテナンスの費用がかかります。その場合の費用は借りる期間が長いほど月々の使用料金は安くなる傾向があり、セット内容にもよりますが月々約8,000円~1万5,000円が相場です。

また、数年単位の長期間での導入を考えている場合は、購入した方が経済的な場合もあります。契約の際には1社だけでなく、複数の業者に見積もりをとって比較検討するのも良いでしょう。

 

おわりに

防犯カメラは高価なイメージがありますが、個人用であれば比較的安価に導入が可能で、ランニングコストも契約内容によってはリーズナブルです。

室内では家族やペットなどの見守りができる他、室外では不審者の監視や犯罪抑止にもなりますし、実際に事故や犯罪が起きてしまった際の現場記録にもなります。

安心して過ごせる日常を守るためにも、防犯カメラの導入を考えてみてはいかがでしょうか。