価格や機能は?コストを抑えて防犯効果も得られるダミーカメラの選び方

ダミーカメラの選び方

近年、防犯対策の一環として防犯カメラを設置する方が増えています。防犯カメラを設置しておけば、犯罪の抑止力になり、空き巣などの犯罪に遭う可能性が低くなります。また万が一犯罪の被害に遭ってしまった場合でも、防犯カメラで記録しておいた映像が有力な証拠となり、スムーズな事件解決につながります。

しかし、設置するためには外壁に穴をあけたり、映像を記録するためのレコーダーが必要だったりと、それなりの手間とコストが必要です。防犯カメラは設置したいけれど、あまりコストを掛けられないという方も少なくないでしょう。

そんな方におすすめの防犯グッズとして、ダミーカメラをご紹介します。

 

 

ダミーカメラとは

犯罪者への威嚇ダミーカメラとは、本物の防犯カメラに似せて作られた偽物の防犯カメラのことです。

外観は本物の防犯カメラと瓜二つですが、実際に撮影することはできません。撮影ができない防犯カメラを設置して意味があるのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、ダミーカメラは犯罪者への威嚇が主な役割です。犯罪者は犯行を誰かに見られることを恐れます。そのため、防犯カメラが設置されているところでは、犯行をためらうものです。たとえダミーカメラであっても、本物と見分けがつかなければ犯罪を抑止する効果は十分に期待できます。

また、ダミーカメラは本物の防犯カメラと比べて設置が簡単で、安価で手に入るため、導入しやすいというメリットもあります。

 

 

 

ダミーカメラの価格

ダミーカメラの価格一般的な防犯カメラが3万円~5万円程度であるのに対し、ダミーカメラは1,000円~1万円程度で購入することができます。つまり、ダミーカメラは通常の防犯カメラの半額以下で入手できるのです。

また、通常の防犯カメラの場合は、カメラ本体の費用に加えて設置費用やレコーダーなどの録画機器の費用も掛かりますが、ダミーカメラは自分で設置することが可能な上、レコーダーも必要ありません。したがって、コスト面をかなり抑えることができるのです。

 

 

 

 

 

 

ダミーカメラ選びの注意点

ダミーカメラを購入するときは、コスト面だけではなく、機能やデザインにも注目する必要があります。

価格の安さはダミーカメラの魅力の1つですが、あまりに安いダミーカメラの場合、遠目でも明らかに偽物だと分かってしまうレベルのものもあります。これでは、防犯の効果は期待できません。犯罪者は一般人よりも防犯カメラに詳しいことも考えられるため、すぐに偽物と見抜かれないようカメラ選びは以下の2点に注意しましょう。

 

LEDライトの点滅を使い分ける

ダミーカメラの中には、LEDライトが点滅する機能を持ったものがあります。防犯カメラが作動しているように見せるための機能ですが、本物の防犯カメラの多くは、LEDライトが点滅する機能を持ちません。点滅していることでかえって偽物とばれてしまうこともありますが、暗闇の場合はカメラそのものが認知されないことも考えられます。視界の良い場所ではLEDライトを消し、暗闇で使用する場合は犯罪者に防犯意識を誇示するためにつけるなど、設置場所によって使い分けると良いでしょう。

 

屋内用・屋外用を使い分ける

屋外に設置するのであれば、屋外用に設計された箱型のカメラを選んでください。屋外に設置していても、雨風対策をしていない外観のダミーカメラでは、すぐに偽物だと気付かれてしまいます。同じように、屋内に防犯カメラを設置する場合は、屋内用に設計されたものを選びましょう。

 

おわりに

ダミーカメラは手軽に購入でき、防犯効果を期待できる便利な防犯グッズの1つです。

しかし、あまりに安いダミーカメラは逆効果になることもあります。防犯性を高めるためにも、ダミーカメラは最低でも5000円~1万円以上の価格帯のものを、設置場所や用途に沿って選んでください。