どんな場所に設置すればいいの?防犯・監視カメラの種類とそれぞれの役割

防犯・監視カメラの種類と役割

今や、防犯カメラや監視カメラは街のいたることころに設置され、違法な行為がないか、犯罪が起きていないかを常時監視しています。近ごろは、防犯カメラの映像が決め手になって事件が解決することも多くなってきました。

ひとことで防犯カメラ、監視カメラといってもいろいろな種類があり、それぞれに適した設置場所があります。今回は、防犯・監視カメラの種類と設置場所、それぞれのカメラの役割をご紹介します。

 

防犯・監視カメラの種類と設置場所

赤外線カメラ

防犯・監視カメラの設置場所一般的な防犯カメラは、筒状の赤外線カメラです。赤外線機能により、夜間も監視を続けることができます。値段が1万円程度の比較的安価なカメラも販売され、最近では一般家庭に設置する方も増えてきました。車庫などの屋外に設置するのであれば、防水対応しているカメラを購入した方が良いでしょう。

赤外線カメラは、明らかに防犯カメラと分かる形状のため、威嚇や警告の意味を込めて玄関口や駐車場の入り口などに設置するのもおすすめです。

 

 

 

 

 

ネットワークカメラ

ネットワークカメラはLANケーブルで接続することで、モニターでの映像確認や、カメラの遠隔操作が可能なカメラです。もちろん、店舗や工場でも効果的に使用できますが、一般家庭でペットや子どもの見守り用としても重宝します。ネットワークカメラの映像はスマホやPCから確認できるため、外出時でも子どもやペットの様子をいつでも確認できます。

 

箱型カメラ

箱型カメラは多機能で性能も高いものが多く、レンズ交換にも対応しています。夜間撮影、逆光対策、遠距離撮影などの機能を持っているモデルもあり、ショッピングモールや広い駐車場など、不特定多数の人が集まる場所などの監視に最適です。

 

ドーム型カメラ

飲食店やお店など、防犯カメラを目立たせたくない場合には、ドーム型カメラがおすすめです。レンズ部分が半球のドーム状になっており、一見監視カメラには見えないため、周囲への圧迫感がありません。雰囲気を大切にしたい環境にはこちらのタイプが適しているでしょう。

小型カメラ

小型カメラは、定点撮影をするカメラです。自宅や店舗に同じいたずらが何度も繰り返される場合や、下着泥棒の被害に悩んでいる場合など、犯行の現場に設置して犯人を確実に撮影したいときなどに設置されます。

 

防犯・監視カメラの役割

防犯カメラ、監視カメラは種類によってその役割も異なります。設置する場合は、目的をはっきりさせて適切なカメラを選んでください。カメラの役割は大別して「監視」「威嚇」「撮影」の3つがあります。

 

監視

防犯・監視カメラの役割監視を重視する場合は、なるべく目立たずに広範囲を撮影できるドーム型カメラが適しています。工場の生産ラインでの異物混入があった場合の原因究明などに役立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

威嚇

威嚇目的であれば、箱型カメラなどの圧迫感のある形状をしたカメラが良いでしょう。これらのカメラは高画質や暗い場所に対応しているものも多く、万一事件が起こった場合にもしっかりと記録を取ることができるため、何かが起こったときの解決の糸口にもつながります。

 

撮影

既に監視する目標が決まっている場合は、小型カメラなどの相手に気付かれないタイプにすべきでしょう。現場を押さえるためには犯人に気付かれないようにする必要があるので、こっそり撮影できるサイズのカメラを設置してください。

 

おわりに

防犯カメラや監視カメラは、今では我々の日常生活に必要な防犯アイテムになっており、工場やデパートだけではなく商店街や高速道路などにも設置されています。また防犯カメラの種類も増えてきており、街中のさまざまな場所の防犯や監視に役立っています。

カメラの設置を検討する場合は、監視目的なのか防犯なのか、どのような目的で設置したいのかをよく考え目的に適したカメラを選んでください。