年末年始やホリデーシーズンに大活躍する防犯カメラ

キーワード

戌年

年末年始、皆さんはどう過ごされていますか?ご実家に帰省される方、海外や温泉地などでお過ごしになられる方、ご自宅でのんびりされる方。様々な過ごし方をされると思います。年を越すというのは、気分も新たに清々しい気持ちになりますよね。ところが、年末年始は空き巣やひったくり、窃盗などの犯罪が増える時期でもあります。お年玉などの為に、バッグやお財布にたくさんお金を入れて持ち歩く確率が上がること、留守にしている家が増えること、というのは空き巣や窃盗犯には絶好のチャンスでもあります。また、神社などではたくさんの人が集まるので、混雑します。その混雑を狙ったスリが増えるのです。そこで今回は、年末年始やホリデーシーズンに大活躍する防犯カメラについてご紹介します。

 

 

狙われやすい家

 

家を空けることが多いこの時期ですが、空き巣にとっては絶好の稼ぎ時です。楽しく過ごして家に帰宅したら、空き巣に入られていたとなってしまってはせっかくの楽しいお正月が台無しになってしまいますよね。その後も、鍵の交換などしなければなりませんし、不安な気持ちが続いてしまうでしょう。では、どのような家が空き巣に狙われやすいのでしょうか。空き巣は必ず下見をすると言われています。事前に下見をして、侵入しやすい家かどうか下調べをするそうです。侵入しやすい家の条件はいろいろあります。例えば、公園に近い家。公園の周りに駐車をして作業員やタクシーの運転手などが休憩をしているのを見かけたことはありませんか?公園は人がいても不思議な場所では無いので、空き巣が公園をうろうろしながらどの家にしようか狙いを定めていても、わかりずらい為、公園に近い家は狙われやすいそうです。他には、逃走経路が簡単な家。つまり、家の四方が道路になっている家などは逃走が簡単な為狙われてしまいます。他には、侵入が簡単な家。塀から2階の窓に侵入しやすい、ホームセキュリティが無い、犬などの吠える動物を飼っていないというのは狙いやすい家になってしまいます。

 

 

防犯カメラを設置しよう

 

鍵空き巣

では、空き巣の侵入を防ぐにはどうしたらいいでしょうか。それはまず狙いにくい家にすることです。窓のシャッターを閉める、鍵を2重、3重にかける、ホームセキュリティの設置、防犯カメラの設置。特に、ホームセキュリティや防犯カメラを設置すると、防犯意識の高い家だと思われるので、空き巣に入る家の候補から外される確率が上がります。空き巣も、犯罪の証拠を押さえられ、さらにすぐに捕まってしまうような家は狙わないですよね。センサーライトや音声機能付き防犯カメラで威嚇することも効果があります。

 

 

留守中の家の様子

 

ペットトイプードル

防犯対策として防犯カメラを設置することはもちろんですが、他にも役立つことがあります。留守中に、飼っているペットの様子が気になるという方は多いようです。長期留守にする場合は、ペットホテルや知人に預けるなどしますよね。しかし数日間留守にするくらいではそのまま預けない事も多いです。そんな時、ペットのいる部屋に防犯カメラを設置していると、外出先からいつでもスマホやパソコンでペットの様子を見ることができます。音声機能のついている機種もあるので、ペットに呼びかけたりすることもできます。様子を見ることができれば安心して旅先で楽しめますよね。

 

 

おわりに

 

さて、今回は年末年始やホリデーシーズンに大活躍する防犯カメラについてご紹介しました。年末年始やホリデーシーズンは特に犯罪発生率が上がってしまいます。安心して楽しめるよう、防犯対策はお早めに!!
今年のコラムはこれで更新が最後になります。来年も引き続き、皆様のお役に立ちそうな情報や防犯カメラのご紹介をしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
それでは良いお年をお迎えくださいね!

キーワード