空き巣や不審者から自宅を守る!目的別の家庭用防犯カメラの選び方

家庭用防犯カメラの選び方

近年、一般家庭でも防犯カメラを設置するケースが増えてきました。安価な防犯カメラが多数登場し、空き巣や不審者、車上荒らしなどの対策として誰でも手軽に設置することができます。

しかし防犯カメラには多くの種類や機能があるため、選び方が分からず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ここでは、家庭で防犯カメラを使用する際の目的に沿った選び方をご紹介します。

 

防犯カメラの種類

防犯カメラの形状には、大きく分けて「ボックス型」と「ドーム型」の2種類があります。

ボックス型のカメラは四角いケースに入ったタイプです。自宅の防犯目的で利用するのであれば、ひと目で防犯カメラだと分かるボックス型がおすすめです。防犯カメラの存在感が防犯対策をしているというアピールになり、空き巣や不審者を威嚇して遠ざける効果が期待できます。

一方、ドーム型は半球型のケースに入ったあまり目立たないタイプです。飲食店など、人にカメラの存在を意識させたくない場所に適しています。

 

家庭用防犯カメラに必要な機能

防犯目的でカメラを利用する場合、設置場所は屋外であることが多いと思います。雨でぬれることを考えると、故障を防ぐためにも防水機能は必須です。また、住人が寝静まっている深夜の時間帯に侵入され被害に遭うケースもあるため、夜間の撮影にも対応した赤外線やナイトビジョンの機能もあると良いでしょう。

 

カメラ選びの注意点

無線タイプのカメラはケーブルが少なくて設置が簡単という利点がありますが、有線のものに比べると通信が不安定になりがちなため、肝心なときに映像が途切れてしまう可能性があります。

また、SDカードなどを使用してカメラ本体に映像を記録するタイプは、記録媒体を抜き取られたりカメラそのものを壊されたりすると映像が残らないため、録画映像は別の場所に保存できるタイプの方が安全です。

 

防犯カメラの設置場所

空き巣や不審者などの侵入を防ぐ自宅への空き巣や不審者などの侵入を防ぐためには、侵入経路となる玄関と窓が写るように設置する必要があります。また、防犯カメラの存在をアピールするため、目につきやすい場所に設置することも重要です。このとき、手が届く位置に取り付けてしまうとカメラを壊されたり目隠しされたりしてしまう可能性があるため、簡単に手が届かないような高さに設置しましょう。

車へのいたずらや車上荒らしを防ぐためにも、不審者の目に入りやすい目立つ位置で、かつなるべく駐車場の広域が映るような場所に取り付けることをおすすめします。

 

 

 

 

 

防犯以外にも使える家庭用カメラ

防犯以外にも使える家庭用カメラ最近は防犯目的のものだけではなく、子供やペットの様子を見守るための家庭用カメラも人気です。ブラウザ上やスマートフォンアプリで、LANケーブルで接続されたカメラの映像を外出先からでも見ることができる、ネットワークカメラが注目を集めています。ネットワークカメラは設置の手間がかからず、移動も簡単に行えるカメラです。

家の中で使用する目的の場合は、雨でぬれる心配がないため、防水機能がなくても問題ないでしょう。遠隔操作でカメラのアングルを変えることができる機能がついていれば、撮影範囲を変えることができ、確認したい位置にカメラを合わせることもできます。

 

 

 

 

 

おわりに

近年、家庭用防犯カメラの機能は多様化しています。威嚇に大きな効果を発揮するボックス型や、できるだけ存在を悟られないようにできるドーム型、さらには遠隔地から映像を確認できるなどの機能を備えた防犯カメラなど、その種類はさまざまです。

空き巣や不審者から自宅を守るためにも、最低限必要な機能を抑えた上で、目的と予算に応じて効果的な性能の防犯カメラを選びましょう。