防犯カメラの種類

防犯カメラは、設置する環境や使用目的に合わせて、ドームタイプやボックスタイプなど様々な種類があります。ここでは、カメラの種類ごとに特徴や用途についてご説明いたします。

 

ボックスタイプ

ボックスカメラ画像
  • 威圧感があるため犯罪抑止効果が高い。
  • レンズを交換できるので環境に合わせた撮影が可能。

ボックスカメラは、コンビニや銀行で必ず見かけるカメラです。四角い箱型をした形状が一般的です。レンズは別売りになっているので、設置する場所に合わせてレンズを選択できるメリットがあります。ハウジングと言われる防水保護ケースに収納することで、雨のかかる屋外にも設置することができます。

 

街中でもよく見かけるなじみのあるカメラのため、監視されている威圧感があります。コンビニや銀行だけではなく、駅やスーパー、ショッピングモールなどでは、万引きや強盗対策として多く用いられます。

 

ボックスカメラはドームカメラやバレットカメラ(全天候型カメラ)と違い、ブラケット(フィクサー)と言われる取付用の金具が必要となります。

 

ドームタイプ

ドームカメラ画像
  • 威圧感が少ない。
  • 目立たない。

ドーム型なので目立ちにくく、レンズ部分はスモークになっているものが多く、レンズが見えないので監視されていることに気づきにくい。病院やレストラン、マンションのエントランスなど景観を重視する場所に設置されます。

 

最近では、IP65や66と言われる防水基準に適合した屋外用ドームカメラが普及しています。筐体はハンマーで叩いても壊れないバンダルドーム仕様となっており、手の届く天井の低い場所などに設置されます。

 

バレット(全天候型)タイプ

バレット型防犯カメラ画像
  • ハウジング・ブラケットが一体化している。
  • 屋外に低価格で設置できる。

ハウジングとブラケットが一体化しており、一般的にボックスカメラをハウジングに入れて屋外に設置するよりも低価格になり経済的です。また、サイズ的にもハウジングを設置するよりもコンパクトで設置場所を選びません。さらに、赤外線LEDを搭載したモデルが多く、夜間でも撮影が可能なため人気があります。

 

最近では、設置業者がコスト面でボックスタイプよりもバレットタイプを使うケースが増えています。マイナス面としては、温度変化による気圧差によりわずかな水分が内部に侵入することがあり曇りの原因となることがあります。

 

PTZタイプ

PTZカメラ画像
  • カメラの向きを自由にコントロール、さらにズームができる。
  • 自動で撮影位置を変えることができる。

カメラ部分がPan(上下左右)、Tilt(斜め)方向に動き、Zoom(ズーム)ができる機能を持っているカメラです。固定カメラでは配線距離が長くコストがかかる駐車場の監視など低コストで導入できます。